NHK、8Kスーパーハイビジョンの地上波長距離伝送に成功

日本放送協会(NHK)は20日、地上波での放送を想定した8Kスーパーハイビジョン(SHV)の長距離伝送実験に成功したと発表した。

NHKは、2012年5月に4.2km離れた距離での8K伝送実験に世界で初めて成功していたが、今回の実験では、現在の地上デジタル放送エリアと同程度の27km離れた距離を想定。熊本県人吉市のNHK人吉テレビ中継局に設置した実験試験局から、圧縮した8K信号をUHF帯(46ch)で送信し、27km離れた熊本県球磨郡湯前町・農村環境改善センターでの8K信号の受信を確認した。

 

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140120_631430.html?ref=twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA