省コストハンドヘルド温度監視カメラ









タイトル




ロゴ


簡単設置の自動検温カメラで感染拡大を防止


・━入店入館時の体温チェックでコロナ対策!━・

新型コロナウィルスの感染拡大防止対策により、密を避ける新生活様式が求められています。個人、企業がそれぞれ対策を考え、当事者として実践していくことが重要です。みなさんが対策に活用できるおすすめの製品を今回は紹介します。
体温測定専用サーマルカメラで高速・同時に非接触検温!


緊急事態宣言が解除され、施設や店舗の会館、営業が再開されています。
しかし、制限が解除されたからと言って安全になったわけではありません。
それは、過去に来場されていた顧客が最も懸念していることでしょう。これを払拭するために、消毒薬の配置や来館時の検温などを実施している施設も多いようです。
来館者自身が行動を起こす消毒や手洗いなどは負担になりにくいですが、検温に関してはどうしても手間がかかります。
また、対応するスタッフの感染対策も必要です。ひとりひとり額に検温器を近づけて検温するのは時間もかかり検温される側にも負担があります。
これを解消するためにご案内したいのがサーマルカメラです。サーマルカメラは通常のカメラ映像ではなく温度センサーが感知した温度分布図をリアルタイムに表示するカメラです。
このカメラを使用することで、簡単に体温を測定することが出来、スタッフの感染リスクや煩わしさを低下させることが出来ます。
測定される側もただカメラの前を通りすぎるだけなので何の負担もありません。しかも顔認証を行ってその部分だけ検温するため、温かい飲み物を手に持っていたりしても誤検知することはありません。

 


サーマルカメラ動画

サーマルカメラ-三脚・取付全具付(¥268,000(税抜))
製品型番 IPD-TG3211R
イメージセンサー 非冷却VOxマイクロボロメーター
有効ピクセル 256(H)x192(V)
ピクセルサイズ 12um
熱感度(NETD) 8~14um
カラーパレット 約18種類
焦点距離/撮像角度 7.1mm、H:24°、V:18°
体温測定有効範囲 30°C ~ 45°C
測定精度 最大±0.3°C ※ブラックボディ使用時
測定モード スポット/ライン/エリア

 


ハンドヘルド温度監視カメラ



検温カメラを設置するスペースがない!もっと省コストで!というご検討をされている方にはコチラのハンドヘルド式検温カメラがおすすめです。

対象から0.5m離れた位置で1秒程度で測定することが出来ます。(検温精度±0.5℃)
検出基準を設定しておいて、対象を検出した場合はアラートを出すことが出来ますので、不特定多数のスタッフが使用した際も一律な運用が可能です。
MicroSDに運用状況を記録、後からチェックすることもできます。
リチウムイオンバッテリーで8時間の連続使用もOK、イベント会場への持ち込みなどにも便利です。
操作も簡単、コスト的にも手軽に導入できるハンドヘルドタイプはおすすめです。

 
 



ハンドヘルド温度監視カメラ
● 非接触温度監視
● 256 × 192 非冷却VOxサーマルセンサー技術
● 測定精度:±0.5°C
● スマートブザーアラーム
● マイクロ USB による PC の生きている眺めを支えて下さい
● 高温自動撮影

価格:¥98,000(税抜)
 

上記のシステムの他、廉価版と簡易ハンディ版の3種もご用意しており、ご予算に応じて選択が可能です。システム詳細は以下よりご確認ください。

 



【サーモグラフィシステムカメラホームページへ】


お問合せ

 


メールの受信をご希望されない場合は、こちらよりお手続きお願い致します。

 

LOGO

https://www.comworks.co.jp//

〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太2-9-24

LOGO0120-77-5609

Copyright (C) COMWORKS CO.,LTD. All rights reserved.


MENU
PAGE TOP