監視カメラをクラウドで運用する方法

SONYの監視カメラSNC-VB600をクラウド上で運用する手順について解説しました。

クラウド上に管理サーバーと収録データを置くことで、現地でのサーバー・収録設定を省略でき、LANにカメラを接続して簡単な設定とルーター設定だけですぐに運用を開始できます。
監視カメラを管理・サポートする側としては、サーバー管理と収録データ管理をクラウド上で出来るため、管理・サポートにかかるコストを大幅に削減できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA