現実世界の情景を再現するためのハイダイナミックレンジ技術

現実世界の視界は、暗部と明部の輝度差を比較すると凄まじい格差がある。例えば、月がでていない夜空の下の地面はルミナンス(lum/m2)値で0.000001lum/m2の明るさしかない。一方、太陽光の下の雪原は1,000,000lum/m2の明るさで輝く。この明るさの格差はルミナンス値で10の12乗(lum/m2)の格差だ。コントラスト比で言うところの「1兆:1」ということになる。

現実世界の視界を映像として記録、あるいは表示するためには1兆:1のコントラストを再現する必要があるのだ。しかし、この概念を、現在普及しているシステムで実現することは不可能だ。

 

https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20140117_631033.html?ref=twitter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA