世界初3Dプリンターで制作された銃が、ついに火をふく

プラスティックで作られた銃。

テキサス大学の法律学部生、25歳のコーディ・ウィルソン(Cody Wilson)さんが制作した銃Liberator。先日完成したばかり世界初の3Dプリント銃が、早くも試し撃ちに成功しました。ほぼプラスティックでできており、唯一金属が使用されているのは、撃針部分のみ。22口径弾が使用されているようですが、人に向って打てば十分殺傷能力のある弾。

gizmodo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA