セミナー開催 8/28 「自主制作映画公開のお知らせ」

私の夏休みの全てのスケジュールを映画制作に当ててようやく完成しました。
夏に映画を作った事の一番の問題は暑さとセミの鳴き声です。
室内でのシーンをいくつか撮り損ねていたのでその撮影をしたのですが
セミが鳴き止むのを待って撮影、出来るだけ外のノイズを入れないように窓を締め切って
エアコンの音もノイズになるのでカット、汗だくになりながらセミの鳴き止むのを待つという
かなり大変な状況での撮影となりました。分かった事は深夜2時頃になるとセミは鳴き止み
かなり撮影に適した状況になります。ただ、これでは夜のシーンは撮れても昼間のシーンは
撮れません。朝の4時頃になると今度は鳥が鳴き始めます。ですから撮影できるのは実質
午前2時から午前4時までの間となってしまいます。私の睡眠時間的には一番辛い状況でしたが
唯一その時間は暑さが一番和らぐ時間帯でもあり何とか撮りきる事ができました。
何しろ私の映画内の季節の設定は5月~6月なので衣装を長袖で統一していたのです。
という事で出来上がった映画は下記をご覧ください。

映画が分かりづらいのと興味のある方のために映画制作に使った物語のあらすじを載せておきます。
これを元に映画を作りました。
メッセージ
「生きる意味なんて誰も知らない」

*登場人物紹介
自殺願望のある男:人生に絶望して自殺を考えている
浜辺で石拾いをしている男:石を集めている。浜辺で倒れていた男を助ける

*あらすじ
ナレーション
「2004年2月、私は勤め先をクビになった。次の仕事も見つからないまま貯金は底を尽き生きる気力も無くしていた。
自分は社会の役立たずである事を完全に自覚していた。」
人生に絶望して
ボーッと1日を過ごしていた男は夜になって
ノートに何か書いている。
最後のページに
「海の底でひとつの小さな泡が生まれた。
輝く光だけを見つめて上へ上へと昇っていく。
水面にたどり着くと泡は弾けて消えた。」と書いた。
そしてノートの各ページにカウントダウンの番号を振っていく。ノートの題名は「ENDノート」
そしてホームページで自殺場所の検索をする。
ホームページで探したいくつかの場所に行って写真を撮る事にする。
首吊りのあったロープのかかった木、
電車の往来の激しい踏切、
高層団地の最上階、ここは自殺防止の柵に行く手を阻まれる。
家に戻って来るとノートに写真を貼り説明を書き加える。
最後の1の番号の振られたページを書き終えると男はノートをカメラバッグに収め出掛ける。
男は早朝の浜辺に居る、アルコールと睡眠薬を飲み干すと立ち上がって
振り返る事もせずゆっくりと海に向かって歩き出す。
(ブクブクブク防水カメラを海に沈めるイメージ映像)
海に入り自殺を決行するが浜辺に打ち上げられて失敗
(もしかすると途中で怖くなって引き返してきて浜辺で寝てただけかも、、、)
そこにホームレスらしき男性が歩いてくる
浜辺に倒れている男を見つけたホームレスは助け起こす
男は「あぁ・・死ねなかったのか・・・」とつぶやく
並んで浜辺に座り二人で海を見つめる
石拾いの男:「何か嫌な事でもあったのかい?」
男:「あぁ」
石拾いの男:「生きるってなぁ石ころ拾いとおんなじよ」
石拾いの男:「価値があるかどうか分からんもんをみんな必死に拾い集めてるだけさ」
石拾いの男:「(緑と紫色の石を袋から取り出しながら)・・・一緒に石探しするかい?」
しばらく沈黙があって、、、
石拾いの男:「石でも何でもいいのさ、お前さんが値打ちがあると思った事を毎日続けてりゃそのうち死にたいなんて考えなくなるだろうよ」
と言って去って行く
家に戻った男は美しい写真を撮るという新しい目標を得て生きていく決意をする
最後にシャッター音とフラッシュの焚かれる映像でエンディング
最後に撮られた写真はスクリーンの向こうに居る映画を観ている観客の表情かも・・・
「海の底でひとつの小さな泡が生まれた。
輝く光だけを見つめて上へ上へと昇っていく。」
エンドクレジットが流れる

■セミナー開催のお知らせです。■

平成26年8月28日(木曜日)の18時~21時に映画の作り方を紹介するセミナーを開催します。
場所は浦和駅前のパルコ・コムナーレ10F 浦和コミュニティセンターです。
講師は私、浜田が担当します。
自主制作映画を作るのに必要な機材や手順を私が作った短編映画を元に解説します。
参加費用は無料ですので映画作りに興味のある方はどなたでもお申し込みください。
(連絡先TEL:048-883-9629 担当:浜田)

簡単にセミナー内容の紹介をしておきます。(予定)
第1部:私の作った映画の上映と制作時の苦労話
お聞き苦しいところがあるかもしれませんがご容赦ください。
映像を観て頂いてからこの作品を作る手順を紹介します。
第2部:カメラやボイスレコーダー、GoProなどの撮影機材の紹介と設定
NDフィルターの使い方や最適と思われるEOS 70Dカメラの撮影時の設定を紹介します。
第3部:EDIUSでの編集テクニックとタイムラインでの特殊な操作の紹介
EDIUS6のバージョンでの紹介になりますが他のバージョンでも役立つテクニックを紹介します。
映画を作るには記録ビデオ等の編集とは異なる新しいテクニックが必要になってまいります。
第4部:DaVinciResolve 11 Liteの使い方解説
無料で使えるDaVinciResolve 11 Liteでのカラコレの方法とEDIUS Pro7との連携方法に関して紹介します。

(文・浜田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA