「液晶ビューファインダーフードを購入」

先日、海に撮影に行った記事を書きましたが海は日差しが強く液晶ビューファインダーが見辛くなります。
何か良い方法は無いのかと調べたところビューファインダーに付けるフードを見つけました。
ビューファインダー側に金属の枠を取り付けマグネット付きのフードを磁力でくっつけるタイプが良さそうでしたがEOS 70Dのバリアングル液晶では反転して画面を収納した時に金属枠とカメラボディが干渉するらしく三脚のネジ穴を利用して取り付ける方式のものが対応モデルとなっていました。
しかし三脚のネジ穴はハンドストラップ、三脚のシューと今でも色々重ねて付けているのでこれ以上重ねたくないのです。
ネジ穴に色々なパーツが重なるとカメラの操作時にしなりが出るので撮影する映像自体にも悪影響が出るような気がしてしまいます。
ただでさえ貧弱な三脚に重たいカメラを載せているわけですから少しでもしなりを減らすために単純なラバーフードだけの製品を選びました。
この製品はカメラ固定は出来ませんが首から提げる紐がついているので使わない時は首から提げて保持できます。
また、手持ち撮影の時は便利だったハンドストラップもレンズフィルター交換時には手が滑って落としそうになった経験からネックストラップに戻してしまいました。
やはりカメラメーカーが考え抜いた末に付属しているネックストラップは合理的であり私のようなカメラ初心者が安易に外して良いものでは無かったのです。
ラバーのビューファインダーフードの使い勝手ですがEOS 70Dのバリアングル液晶を引き出してフードの紐を液晶に巻きつけると簡易的ではありますが固定できる事がわかりました。
私はアウトドア用のパーカーなどに付いている紐を縮めるドローコードと呼ばれる部品を紐に付けて巻きつける手間を無くして使っています。
この液晶ビューファインダーフードに関しては一眼レフカメラでの映画撮影のために購入して損の無い商品です。
(文・浜田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA