「ゼロ・グラビティ」に見る新しい3D映画の可能性

欧米での劇場公開以来、3D映画の新しい可能性を示したと各所で大絶賛されているワーナー・ブラザースの「Gravity(邦題:ゼロ・グラビティ)」。映像制作の玄人筋だけでなく、評論家、観客など、立場が違う人たちに尋ねても、絶賛の嵐である。

 

av.watch.impress.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA