コムワークス「ボイスダイレクトサービス」登録ナレーター・中村ゆきこです。

「ナレーションの宅録」を中心とした、現役ナレーターならではのあれこれ・現場の臨場感あふれる(?)こぼれ話などをお伝えする「クローゼット・スタジオ通信」。
今回もどうぞおつきあい下さい。

寒かった冬も、ようやく過ぎゆき、

サクラも開花・・・しかし一筋縄では行かなかったり・・・

まるで人生のような? 春の足音ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて今号は、

スバリ「セキララ近況ご報告」と、参りましょう!

   ~ ~ ~  「長短 取り混ぜ」業務の日々  ~ ~ ~
 

◎「テレビCM」から「株主総会」まで

おかげさまで、

年度末も良い感じで稼働させていただいております、

我が「クローゼットスタジオ」!

今月は、

「総尺14秒のコマーシャル」から、

「10数分 キッチリみっちり喋りっぱなし」の案件まで!

◎この時期ならではの「株主総会」

「ああ、この時期ね~」と実感させていただくジャンルは、

「株主総会」使用のナレーション音声です。

今期の業績の概要を株主の皆様にお伝えするものですね。

最近は、映像&ナレーションを使って、
分かりやすく仕上げる企業様も増えています。

全体の長さとしては、10分弱ですが、

専門用語が多く、しかも明瞭・安定したトーンを要求されるので、

収録は、細心の注意を払って進行させていただいております。
(もちろん他の案件も全力で! ですが。。。)

やはり3月末決算の企業様が多いため、

株主総会ナレーションの発注は2月中旬以降、

「招集ご通知をご確認下さい」と読み出すと、

「春来たり!」と実感するワタクシであります。

◎一音入魂!「テレビCM」

前者を「長距離走」と致しますと、

対極とも言える短尺モノの代表格が「CM」。

しかも、テレビCMは「15秒」だったりしますので、

実際、「アナ尻(アナウンスの終わり時間)」は、

14秒程度に指示があることが多いです。

その長さで、どのくらいの文字数が詰め込まれているのか・・・

ジャンルによって千差万別ですが、

「短尺もの」、じつは個人的には、結構プレッシャーであります!

「尺に合わせる」ことと、

「キッチリ表現する」ことの、せめぎ合い・・・と申しましょうか。

まさに「100メートル走」のような!

この手の案件は、

人さまの目、外部スタジオの占有時間などなどを気にせず(!?)、
何度でも納得いくまでやり直せるのが、

宅録の良いところでも、ありますなぁ、と実感しつつ、
( = 短尺ものでも、制作時間は それなりに要するのです!)

本日も、「マイスタジオ」入り!

今回の「クローゼットスタジオ通信」はこの辺で。
次回もよろしくお願いいたします! 

中村ゆきこでした。