コムワークス「ボイスダイレクトサービス」登録ナレーター・中村ゆきこです。

「ナレーションの宅録」を中心とした、現役ナレーターならではのあれこれ・現場の臨場感あふれる(?)こぼれ話などをお伝えする「クローゼット・スタジオ通信」。
今回もどうぞおつきあい下さい。

あれよあれよと、2018年!

キビシイ寒さに大雪に・・・

なかなか骨のある冬となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は、

このコラムのお声がけをいただいたコムワークス様からの、

「ボイスダイレクトサービス」制作実録です!

今回の案件は、

宅録ナレーターの「兼務」っぷりをご紹介できる格好のケース!

ナレーターと言えど、「ただ喋っている」だけでは商品が作れないのです!

何回かに渡って、行ってみましょう!

   ~ ~ ~  コムワークス様からご依頼いただきました  ~ ~ ~
 

◎お世話になっております「ボイスダイレクトサービス」!

さまざまなジャンルの事業を手がけていらっしゃるコムワークス様。

私のようなナレーターは、

「ボイスダイレクトサービス」に登録させていただいて、

業務の一端をお手伝いさせていただいております。

今までに、

さまざまなジャンルのナレーション音声をご発注いただき、

宅録のみならず、

某大手TV局内のスタジオ収録なども経験させていただいております。

宅録ジャンルとしては、企業PR用の映像や、

医療従事者向けの専門Eラーニング、

はたまた結婚披露宴のプロフィール紹介などなど!

◎今回の「お題」は・・・

そして今回は、イベントにご使用いただくナレーション音声でした。

出し物を見ていただく前の「呼び込み」に使われるもの。

長さとしては1分弱ですが、

その後の流れと雰囲気を作る「イントロ」として、

なかなか重要なパート。

その出し物の内容をご紹介しつつ、

観客の方々には、これからご覧いただく内容への期待を膨らませていただき、

演者の方々には、最高のパフォーマンスをしていただけるよう、

場を上手く盛り上げることを年頭に表現を工夫させていただきました。

◎宅録ナレーターの「一人三役」とは?

今回は「ナレーション音声にBGMをミックスさせる」という業務も、

合わせて受注させていただきました。

私の使用している録音ソフトは、

複数の音声データをミキシングすることが可能です。

音源と演出プランをいただければ、

BGM付きのナレーション音声もバッチリ、制作いたします。

もう、おわかりでしょうか、

こういった場合は、

ナレーター(喋り手) + ディレクター(演出)に加えて、

「ミキサー(音声調整・技術)」 も兼務、

すなわち「一人三役」を、自宅「クローゼットスタジオ」で行うというワケです。

もちろん、ナレーション以外のそれぞれの技術分野の、
プロフェッショナルには敵いませんが、

ソフトの発達で、かなりのシーンでの使用に耐えうるクオリティが作れます。

しかし、さすがに、商用音声として制作するとなると、

ある程度の技術(ソフトの使いこなし)や、感性・感覚、

そして音声に対する知識が必要になってきます。

宅録ナレーションスキルをアップさせよう、と考えると、

「録音技術」の勉強も欠かせなくなってきました。

では、次回は、さらにその辺りを詳しく・・・

今回の「クローゼットスタジオ通信」はこの辺で。
次回もよろしくお願いいたします! 

中村ゆきこでした。