ボイスダイレクトサービス 登録ナレーター 中村ゆきこ
 
 「クローゼット・スタジオ通信」その17
     ~ 「宅録ナレーター・雑音との戦い!」 ~

コムワークス「ボイスダイレクトサービス」登録ナレーター・中村ゆきこです。

「ナレーションの宅録」を中心とした、現役ナレーターならではのあれこれ・現場の臨場感あふれる(?)こぼれ話などをお伝えする「クローゼット・スタジオ通信」。
今回もどうぞおつきあい下さい。

今回も、「宅録ナレーターはツライよ」! 系・・・

納期・クオリティ、そして自分の力量などなどとの狭間で、

日夜? 奮闘させていただいております。

   ~ ~ ~  やっぱり気になる「生活音」  ~ ~ ~
 

◎完全防音、とは行かず!

このコラムの始まりの頃にも言及しましたが、

宅録ナレーターの収録環境は、人それぞれ。

かなり遮音効果のある「防音室」完備の方もいれば、

普通の部屋で録音、と言う方、

はたまた私のように「なんちゃって防音スペース」の場合も。

「宅録ナレーション」受注可能、としている同業の方は、

いったいどんな環境で仕事をなさっているのか、

その実体は把握しようがないのですが、

やっぱり「完全防音」、と言うワケにはいかない方が多いのではと思います。

周囲からの「生活音」「環境音」との戦いは、

宅録ナレーターの宿命、と言えるでしょう!

◎作業時間も限られる!?

・・・と、なると。

周囲からの雑音が比較的少ない時間帯に作業、

いつでも作業可能という環境を整えている方(防音室完備)以外は、

夜間収録が多いと考えられます。

私も、どうしても夕方~夜間が多くなりますね。

声のコンディションも、
やはりある程度活動してからの方が整ってますし。

(朝イチとかは、やっぱりキビシイです~)

また、機械ではありませんので(!?)、

1日でしゃべれる量には限度がございます。

たとえば、

本を1冊まるごと音声化する「オーディオブック」など、

ボリュームのある案件は、1日ではムリ、です。

1日にどのくらい作業可能で、

どのくらいの分量を仕上げられるのか。

その点も、ナレーターによって違いが大きい部分ですので、

事前に詳細にご確認いただくのが、スムーズな進行のコツ、と言えるでしょう。

今回の「クローゼットスタジオ通信」はこの辺で。
次回もよろしくお願いいたします! 

中村ゆきこでした。