コムワークス「ボイスダイレクトサービス」登録ナレーター・中村ゆきこです。

「ナレーションの宅録」を中心とした、現役ナレーターならではのあれこれ・現場の臨場感あふれる(?)こぼれ話などをお伝えする「クローゼット・スタジオ通信」。
今回もどうぞおつきあい下さい。

今回も、「宅録ナレーターはツライよ」!

ご期待通り(!?)「続編」をお送りします。

あらゆるビジネスにおいて、

「レスポンスのスピード」は、ますます重要なファクターですよね。

スピーディーに、かつ高品質の製品やサービスを供給すること、

これが出来るか否かで、業績は大きく違ってきます。

さて、宅録ナレーターにとっての「スピード」との戦いは!?

   ~ ~ ~  「超・短納期」で困った!  ~ ~ ~
 

◎ナレーターの出番は「最後の最後」

ナレーション入れ、というのは、

作品づくりの「ゴール直前」に位置づけられることが多いもの。

全て仕上がった映像に乗せるナレーションとは、

「いわば『包装紙』『絵画の額装』みたいな存在」とも。

とある有名ナレーターの喩えです、まさに。

もちろん、ナレーションオンリーであるとか、

時間的にナレーションを先行させて作る作品も、もちろんありますが、

基本的には、そんな性格の業務ですので、

発注は「仕上がり納期」のギリギリであることが、当たり前の立ち位置です。

宅録ナレーション業も、またしかり。

私も、そんな状況に、日常茶飯事?に置かれております。

具体的には・・・

「これからお送りする原稿を本日中(=○時間後)に、
 完成音声データでお送り下さい」

・・・というようなイメージの案件、

そう、泣く子も黙る(!?)「即日納品」です!

バッチリ経験ございますよ(大きな声では申せませんが)。

◎宅録ナレーションの納期は、どのくらい早くできる!?

さまざまな短納期案件、

もちろん、景気の良い居酒屋さんよろしく「喜んで!」とお引き受け!

・・・出来るとばかりとは、限りません。

「いつでも即日納品できるのか?」・・・これは一概に言えません。

収録の分量、

継続中の案件との兼ね合い、

コンディションや自分の録音環境、

などなどの要因を総合的に判断させていただいて、

ご所望の納期がクリア出来るか否かを瞬時に考慮します。

ここは「この内容・分量だったら、このくらいの作業時間で仕上げられる」という、

長年の経験がモノを言いますね。

とにかく、「実現可能か否か」は、

可能な限り早いレスポンスを心がけています。

今回の「クローゼットスタジオ通信」はこの辺で。
次回もよろしくお願いいたします! 

中村ゆきこでした。

「クローゼット・スタジオ通信」その17~ 「宅録ナレーター・雑音との戦い!」~